自動車 売る

自動車を売る時に絶対にやっちゃダメな事をあなたは知っていますか?

オーリス(トヨタ)とは

 

オーリス(トヨタ)とは、
トヨタのハッチバック型/ステーションワゴン型の小型乗用車です。
2006年に登場し、ステーションワゴン型は、
2代目以降欧州市場の専売となっています。

 

 

 

オーリスは、欧州市場のカローラ・ハッチバックの後継車種になります。
現在生産は、イギリス・日本・トルコの各工場で行われており、
カローラからの派生車種にあたり、
市場によってはカローラという車名で販売されています。
しかし、日本では新MCプラットフォーム導入で
ボディサイズが大きくなったことで、3ナンバー車の登録となっています。

 

 

日本でのマイナーチェンジは、2009年10月13日。
1.8L車に6速MT搭載のグレード「RS」が追加されました。

 

 

 

日本仕様は、基本的に標準グレードと
上級グレードの2タイプ展開となっています。
駆動方式は、FFと4WD。
1500ccモデルでは、「150X」「150X“Mパッケージ”」が展開され、
1800ccモデルでは、「180G」「180G“Sパッケージ”」で展開されています。
一方で欧州仕様は、3ドアと5ドアの2種類で展開しており、
・ディーゼル
・ガソリンエンジン
・マニュアルミッション
・マルチードトランスミッション

 

 

など、幅広い選択肢が可能でした。
なお、欧州仕様では、保安基準によって、
後部中央座席にヘッドレスト・3点式シートベルトを装備。
ヘッドライトウォッシャーも装備されました。

 

もちろん、ペーパードライバーでも新車は購入できます。
でも、ペーパードライバーはその名のとおり免許を取ったばかりか、
免許は取っているけれど運転していない人を言います。
免許取立てなら、新車を購入し運転をする可能性は十分ありますが、
問題は長年車に乗っていないペーパードライバーです。
車は維持費がかかりますから、
新車を購入してもなかなか乗らないのであれば、勿体ないですよね。

 

 

 

では、ペーパードライバーは新車を買わないほうが身のためなのでしょうか?
それは違います。
ペーパードライバーでも、新車を購入することで運転意欲が沸き、
運転するようになる方はたくさんいます。
また、新車の代金や維持費のことを考えると、
否が応でもでも運転する気になります。
もちろん人それぞれではありますが、ペーパードライバーだからといって、
新車買って損をするとは限りません。

 

 

ただ、いきなり大きな車を購入するのは避けたほうが良いですね。
とはいえ、運転は慣れでもありますから、大きな車でも、
繰り返し運転をすればペーパードライバーでも上達します。
逆に、最初から小型車の運転に慣れてしまうと、
大きい車を運転しにくくなると言われています(※個人差あり)

 

車の購入にあたり用意しなければいけないものとは

 

はい、本当です。
メーカーやキャンペーンの期間中に限りますが、
新車を購入するとプレゼントがもらえるチャンスがあります。
プレゼントの内容は、メーカーによってさまざま。
豪華なプレゼントもあれば、手軽なプレゼントなど、いろんな種類があります。

 

 

プレゼントが豪華と有名なメーカーは、「スバル」
なんと、スバルで新車を購入すると、9つの逸品から選ぶことができます。
2014年7月5日〜19日までのキャンペーンでは、
・Gショック(腕時計)
・スバルのモデルカラー自転車
・ダイソン
・レイコップ

 

 

など。
どれも今人気の豪華賞品ばかり!

 

 

スバル以外でも、新車購入資金をプレゼントしてくれるキャンペーンなどもあります。
手軽なプレゼントなら、レインコートやU字ロックなどがありますね。
何れにせよ、新車を購入して素敵なプレゼントがもらえるなんて嬉しいですね。

 

 

 

新車を購入するときは、プレゼントを狙うのも良いかもしれません。
欲しい車のメーカーをチェックして、
プレゼントキャンペーンを行っていないかチェックしてみましょう。

 

 

■2015年までのプレゼントキャンペーン
・日産「ワクテク」車1台プレゼント
・日産「オリジナルJUKE」
・フォルクスワーゲンTheBeetle」
100万円相当純金Tカード型プレート

 

BUBKAシャンプーはリンスなしでもシットリ!

 

軽自動車と普通自動車では、名義変更の内容が微妙に違います。
ここでは、軽自動車の名義変更の方法を、簡単に紹介したいと思います。

 

 

まず、名義変更をするには「必要な書類」を準備しなければいけません。
必要な書類とは、車検証・申請依頼書・住民票・申請書・税金の申告など。
また、これらの書類は紛失した場合に再発行することができます。

 

 

●車検証の再発行
管轄の軽自動車検査協会にて再発行可能です。
ナンバープレートの管轄が変わる場合は、
ナンバープレートを外して持参しなければいけません。

 

 

依頼書は、「旧所有者」「新所有者」それぞれに必要になります。
新所有者が手続きをする場合は、旧所有者の申請依頼書を用意。
第三者が手続きする場合は、どちらの申請依頼書が必要になります。
そして、書類には必ず認印を捺しましょう。

 

 

名義変更は、新車である場合は不要です。
しかし、中古車や車を売却する場合、
廃車にする場合は手続きが必要になります。
手続きをせずにそのままにしておくと、
スムーズに手続きが進まない場合がありますので、
必ず事前に名義変更の手続きを行っておきましょう。

 

新車を購入するときに用意したい頭金とは?

 

車は決して安い買い物ではありません。
中古車は新車よりも安いとはいえ、それでも高価な買い物ですよね。

 

 

では、中古車を値引きしてもらうことは可能なのでしょうか?
結論から言うと、中古車の値引きは不可能になります。
その理由は?!

 

 

まず、中古車は車によって状態が異なります。
同じモデルの中古車でも、乗った人によってすべて状態は違うものになります。
新車なら、同じモデルならすべて同じですが、
中古車はやはり一度誰かが乗った車ですから、同じ状態というのは難しいでしょう。

 

 

そういった理由から、中古車の値引きは不可能だと言われています。
それでも、販売店によっては、サービスをしてくれるところもあります。
値引きのサービスは困難ですが、たとえば燃料をサービスしてくれたり、
装着パーツを取りつける際にサービスしてくれるなど、
サービスを受けられる場合もあります。
もちろん、すべての中古車販売店がサービスしてくれるわけではありません。

 

 

基本的に値引きはできないものですから、
無理に値引きを交渉したり、迫るのはNGです。
値引きは無理なものと判断し、
他の面でサービスしてもらえるよう上手にセールストークをしましょう。

 

お目当ての車を見つけたら、手続きに入ります。
しかし、契約時にも注意しなければいけない点がいくつかあります。
納車し、運転するまでは安心できません。

 

 

 

手続きでは、当然「必要書類」を用意しなければいけません。
印鑑・身分証明書・車庫証明書・委任状など、
きちんと準備しておきましょう。
委任状は、登録手続きを代行してもらう際に必要になりますので、
代行してもらわない場合は、不要です。
しかし、印鑑〜車庫証明書はきちんと準備しておきましょう。

 

 

また、車庫証明の手続きは、
個人で行うと手数料を払わなくて済むと言われています。
余分な手数料を払うのは避けたい、なるべく節約したい、
手続きの仕方を知っているという方は、個人で行うことをオススメします。

 

 

 

すべてお店側に任せるのではなく、
ある程度自分でも売却の仕方を把握しておくと安心です。
購入時でも同じです。
車両本体価格だけでなく、さまざまな諸経費がかかってきます。
必ず見積もりを出してもらい、
見積もりに目を通すようにしましょう。

 

 

 

ちなみに、見積書で確認したいところは、
税金・リサイクル料金・車検整備費用などです。

 

中古車は、車両本体価格だけでなく、
それらにかかる諸経費も必要になります。
そのため、車両本体価格だけ見ると安くても、
その他諸々費用がかかると、結構な値段になってしまいます。
車を購入したことがある方なら、
車両本体価格だけで購入できないというのは、ご存知ですよね。

 

 

ここでは、車を購入する上での「保険」について、
紹介したいと思います。

 

 

 

【自賠責保険】
別名「強制保険」と言われている、とても重要な保険です。
車を運転する者は、必ず加入しなければいけない保険で、
保険料は販売店に支払います。
料率は、本土・離島によって異なり、
保険機関は12ヶ月・13カ月・24カ月・25ヶ月と37カ月まで続きます。
また、乗用車と軽自動車でも保険料の金額は異なります。

 

 

【任意保険】
自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険ですが、
任意保険はその名のとおり任意の保険ですので、
必ず加入しなければいけないというわけではありません。
しかし、車を運転される方は、ほとんどの方が任意保険にも加入しています。
強制ではありませんが、万が一のときに加入していると助かります。

 

中古車販売と必要書類について。
中古車は、売るときと買うときに書類を用意しなければいけません。

 

 

【購入時に必要な書類】
実印・印鑑証明書・自動車検査証・委任状・車庫証明書

 

 

【売却時に必要な書類】
自動車検査証・印鑑証明書・自賠責保険証明書・
自賠責納税証明書・実印・振込口座・リサイクル券

 

 

以上の書類を準備します。
売却時は、普通自動車と軽自動車では、準備する書類が異なります。
また、振込口座はメモでも良いですし、
リサイクル券は預託済の場合のみ必要になります。

 

 

 

ちなみに、車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合は、
・1度の住所変更(住民票)
・複数の住所変更(戸籍の附表または住民票の除票)
・姓が変わった場合(戸籍謄本)

 

 

などを用意する必要があります。

 

 

 

また、中古車を購入する場合、
車庫証明は自分で取ることもできます。
その場合、必要書類を警察署に貰いに行きます。
警察署は、駐車場のあるエリアを担当しているところへ行きましょう。
次に、書類を申請費用とともに提出します。
手数料は、2000円程度になります。
出来上がった書類は、
最初に行った警察署と同じところに取りに行きましょう。

 

ピノ(日産)とは、日産が過去に販売していた軽自動車です。
OEMはスズキ、ベースは6代目アルトになり、姉妹車は5代目キャロル。

 

メインターゲットとなったのは、20代前半の女性。
日産の乗用車の中では、もっとも安い86.1万円からの価格設定になっていました。
また、安全基準に基づいて、全車にABSを標準装備。

 

ベース車や姉妹車と異なる点は、日産車特有のフロントグリルを採用したこと。
そして、バンパーやホイールキャップのデザイン変更、シート生地の変更などです。

 

2009年12月16日、アルトとキャロルが相次いでフルモデルチェンジし、ピノは旧型のまま販売を継続していましたが、2010年1月29日にカタログラインナップから削除され、販売が終了しました。

 

グレード体系は、「S」「E」の2種類。
S/S FOURは、アルトのG IIにsプ問うしており、E/E FOURはアルトの「X」に相当しています。
しかし、アルト「E」「E II」に相当するグレードや、商用モデルのバンは用意されませんでした。

 

「ピノ」という車名の由来は、イタリア作家、カルロ・コッローディの童話作品「ピノキオ」から。

 

ハイラックス(トヨタ)とは、トヨタのピックアップトラック型自動車です。
1968年に誕生し、現行型は2004年から販売している7代目。
日本メーカーが、日本向けに生産販売した
ピックアップトラックの中では、最後の車種になりました。
ハイラックスサーフのベースにもなり、現行型である7代目からは、
「トヨタIMVプロジェクト」から生み出される世界戦略車
「IMVシリーズ」の中のピックアップトラック車種に、
「ハイラックス」の車名を引き継ぎました。

 

 

 

ハイラックスの歴史は、
・初代1968年〜1972年
・2代目1972年〜1978年
・3代目1978年〜1983年
・4代目1983年〜1988年
・5代目1988年〜1997年
・6代目1997年〜2004年

 

 

現行型の生産は、タイで開始されました。
羽村工場でも、2005年6月末まで生産されていましたが、
IMVは日本国外の世界的規模で豊田生産方式を実現するための
プロジェクトであるため、最終的には完全にタイに移管されました。

 

 

 

タイ仕様のラインナップは、
・スタンダードキャブ
・エクストラキャブ2WD/4WD
・ダブルキャブ2WD/4WD
・プリランナー

 

ブルーバード(日産)とは、日産が過去に生産と販売を行っていた乗用車です。
1959年に誕生し、2001年まで販売され、歴史の古い車種のひとつになります。

 

 

初代の発売当時の名称は、「ダットサン・ブルーバード」
ダットサン系の本格的な量産型乗用車としては、
前輪独立懸架を採用した車の中では最初になります。
そのため、在来ダットサンの固定軸よりも、
格段に乗り心地や操縦性などが改善されました。

 

 

 

ボディタイプは、4ドアセダンのみ。

 

 

グレード構成は、
・1000cc STD
・1200cc STD/DX

 

 

セミモノコックボディと低床式ラダーフレームを組み合わせており、
軽量化と強度確保を図っています。
主要部品のほとんどはダットサントラックと共用しており、
信頼性も十分でした。

 

 

 

その後、
・2代目1963年〜1967年
・3代目1967年〜1972年
・4代目1971年〜1976年
・5代目1976年〜1979年
・6代目1979年〜1993年
・7代目1983年〜1990年
・8代目1987年〜1991年
・9代目1991年〜1995年
・10代目1996年〜2001年

 

 

と、販売されました。